合宿という環境

合宿免許の利点は、合宿という環境自体にもあります。参加している人は免許取得という同じ目標をもった人たちであり、運転免許には制限人数という壁はありません。年齢性別など垣根を越えた人たちが集まってきますが、目標を同じにした人たちばかりですので、連帯感がでてきます。古い言葉ですが、同じ釜の飯を食べたのだから皆一緒に合格したいのです。通常の教習所ですといわゆるコミュ力が高い人でないとそのような関係にはなれませんが、寝食をともにする合宿では自然とそのような仲間ができお互いに支えあうのです。またそのような仲間たちですので、免許取得後にも付合いが続く人も多く、新しい形の出会いの場としても知られるようになってきています。

合宿免許は教習所自体が生徒を増やすために価格を抑えていますが、それだけではありません。内容を濃くし、車の感覚を忘れないままに次の実車が行えるために、足踏みすることが少なく、追加教習(試験)という代金を抑えることができます。また合宿という特殊環境のため、切磋琢磨し励ましてくれる仲間がいるため、孤独に勉強することもなく、それもまた効率を上げる一因になっています。合宿免許は、短期間、安価、だけでなく温泉やレジャーを楽しむことができるプラスαがあるかなりお勧めな免許取得法だといえるのです。ぜひ参加してみましょう。

Posted in 未分類 | 合宿という環境 はコメントを受け付けていません。

感覚をつかみやすい

運転というものは特殊です。バイクや自転車と違い、不自然な動きで車を操作します。どういうことかというと、バイクや自転車は曲がる方向に体を傾けます。危ないと感じたときに、体ごと避けます。普段の感覚に近いものがあるのです。ですが車はハンドルを切らないと曲がりません。シートに座って体を移動しても、車は曲がらないのです。新しい感覚を教習でつかまなくてはいけないのです。免許取立てのドライバーとベテランドライバーの違いは、“慣れ”であり経験です。こればかりは運転という経験を積まないとつかみようがありません。しかし前出してように、車の運転は特殊であり、普段の生活(車から離れた)ではつかみようがないのです。

通常の教習所では実車は、1日1回がほとんどであり、混雑時には数日に1回も珍しくありません。実車をして感覚をつかみかけてきているのに、時間を空けてしまうとその感覚は消えてしまいます。そのため感覚をつかむことが苦手な人もでてきてしまうのです。ですが合宿免許では、実車の空き時間が短く、感覚が残っている状態で次の実車が行われます。そのため慣れることが早く、結果として特殊であるはずの車の運転がスムーズに行われやすいのです。

Posted in 未分類 | 感覚をつかみやすい はコメントを受け付けていません。

密度が濃い

現実的な問題として、自動車教習場は公的な学校でもありませんし、ましてや慈善事業でもありません。通常の会社と同じように、利益を得て運営が可能となっています。また大学などの予備校と違い、使われる機材も車という高価なものですし、その維持費も高くつきます。そのため最低限の価格ラインというものが存在します。ただ現在は少子高齢化や車離れなどにより、免許を取得しようとしている人が少なくなってきており、最低限のラインに近づいています。またそれだけでは教習所に人を呼ぶことはできません。合格率が高くなくては、良い教習所だと認められませんので、合格率を上げる工夫もなされています。合格率を上げる工夫、それは密度の濃さです。

合宿免許は効率を優先的に上げ、授業(段階)にこぼれることのないようにしています。教習所で必要以上にお金がかかるのは、見極めでの不合格であり、それに落ちると次の段階に進めません。いわば足踏み状態になるのですが、合宿免許はその見極めでの足踏みを減らすために、密度が濃いのです(教習所によってはその保証をしているところもあります)。これは合宿という特殊な日程がそうさせている一面もあります。次の項ではその理由について触れていきます。

Posted in 未分類 | 密度が濃い はコメントを受け付けていません。

運転免許を安く取るには?

運転免許を最短で取る方法。それは試験場で直接合格することです。この方法ですと試験日1日だけですし、なにより合格すれば試験代だけで済みますので、費用も最も安く済むことになります。理論的にはこれが最短なのですが、実質的には効率が最も悪い方法だともいえます。以前免許を持っていて、何らかの理由で失効した人でさえも、何の準備もなく一発合格は非常に難しいものがあります。たとえ現在免許を持っていて長年運転している人であっても直接試験場での合格は難しいものがあります。これは運転免許に限らず、すべての試験に通じるもので、試験用の勉強(復習)を行わないと、忘れていることが多いからなのです。

ではそれ以外での最短、最安値となると、やはり合宿免許ということになるでしょう。自動車教習は、段階に合わせ取るべき学科(過程)を受講し、実車を予約してその時間に教習車に乗ることになります。家から学校まで通い、受講する学科や予約がない時間は、それこそ空いている時間なのです。合宿免許は教習所が行っていますので基本は変わりませんが、予備校や部活動の合宿と同じように他にとられる時間を減らし、そのことだけに集中しているのです。

ただ短期集中ということで、次々に過程をこなさなくてはいけないために、要領が悪い人には辛く感じるかもしれません。ですが合宿免許を行える設備というのはスタッフを含めてのものですので、その点のフォローはしっかりとしています。そのため安心して受講することが可能なのです。

Posted in 未分類 | 運転免許を安く取るには? はコメントを受け付けていません。