感覚をつかみやすい


運転というものは特殊です。バイクや自転車と違い、不自然な動きで車を操作します。どういうことかというと、バイクや自転車は曲がる方向に体を傾けます。危ないと感じたときに、体ごと避けます。普段の感覚に近いものがあるのです。ですが車はハンドルを切らないと曲がりません。シートに座って体を移動しても、車は曲がらないのです。新しい感覚を教習でつかまなくてはいけないのです。免許取立てのドライバーとベテランドライバーの違いは、“慣れ”であり経験です。こればかりは運転という経験を積まないとつかみようがありません。しかし前出してように、車の運転は特殊であり、普段の生活(車から離れた)ではつかみようがないのです。

通常の教習所では実車は、1日1回がほとんどであり、混雑時には数日に1回も珍しくありません。実車をして感覚をつかみかけてきているのに、時間を空けてしまうとその感覚は消えてしまいます。そのため感覚をつかむことが苦手な人もでてきてしまうのです。ですが合宿免許では、実車の空き時間が短く、感覚が残っている状態で次の実車が行われます。そのため慣れることが早く、結果として特殊であるはずの車の運転がスムーズに行われやすいのです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.